評価制度

年齢・経験・社歴に関係なく、すべての社員の成長と公正な処遇決定を目的として、評価制度を運用しています。
成果を出すための行動を評価対象とするコンピテンシー評価と、行動によって導かれた成果を評価する業績評価の2つがあります。

コンピテンシー評価業績評価
評価 対象目標を達成するためにどう行動したか
(プロセス)
行動によってどのような結果が出たか
(アウトプット)
何が決まる?月給と賞与基準額賞与支給額
評価 時期年1回(3月)年2回(4月・10月)
評価の特徴

顕在化した行動を評価することで、なぜこの評価になったのか、どうすれば評価が上がるのか等、成長するための自己課題に気づくことができます。

各種数値目標に対する達成率を評価することで、客観的・公平な判断、頑張りに直結した評価をすることができます。

コンピテンシー評価にあたっては、まず自己評価を行い、直属の上司との面談にてヒアリングを受けます。
評価確定後は同じように面談を行い、フィードバックを受けます。
なぜこのような評価になったのか、今後の課題は何かが、評価を通じて明確にすることができます。

成果を出すための「行動」に焦点をあてているため、自己課題に気づくことができ、次の目標設定がしやすく、しっかりと成長につながります。